保育園閉園のお知らせ

2019年03月03日

おーるはっぴー保育園閉園のお知らせ

 

日頃から、保護者の皆様、地域の皆様にはご協力いただきありがとうございます。

 

この度、おーるはっぴー保育園は、大橋駅周辺に無計画に創られた様々な形体の保育園が乱立した兼ね合いもあり、立上げ当初から様々な努力を重ねてここまで運営を行ってまいりましたが、今年1月に入って状況が悪化し、資金繰りがきわめて困難な状況になっています。その為、2019年3月末をもって閉園せざるを得なくなりました。

おーるはっぴー保育園は、働く保護者の皆様と子ども達の沢山の笑顔に支えられて、約2年半という短い期間でしたが、ここまで続けてくることが出来ました。

 

おーるはっぴー保育園立上げ当初も、大橋にあった認可外保育園が急に閉園する事となり、その子どもたちの受け皿を何とかするために駆け回り、理事を含めた多くの方にお願いをして、2週間でつくった保育園です。

その後、順調に見えた運営も4月には認可園に転園するご家庭が2/3ほどになることで、運営が厳しくなり閉園という苦渋の決断をせざるを得なくなっております。

 

ご利用くださった皆様には、心より感謝を申し上げます。

 

最後になりますが、様々な事にご協力頂いた保護者の皆様、暖かい目で見守って下さった地域の皆さま、今まで本当にありがとうございました。

 

おーるはっぴー保育園 理事一同

書初めと福笑い【福岡】南区大橋 おーるはっぴー保育園

2019年02月11日

福岡市南区大橋駅前
一般社団法人 聡明叡智会 
おーるはっぴー保育園
理事長の鎌田です。

 

本業が忙しすぎて、殆ど福岡市内にいません。

仕事の傍ら、色々と園の運営において、他企業とコラボなど含めた新企画を出してはいても、福岡県はどうしたと言わんばかりに経済が冷え込み、事業縮小や倒産する企業が後を絶たずに、厳しい局面を迎える一年が始まっています。

 

さてさて、お待たせしました!

そんな中、新年開けて直ぐ、日本の伝承体験として「福笑い」と「書き初め」をしましています。

 

 

おーるはっぴー保育園では、

0歳児だから見てるだけよ。

1歳児だからまだ無理だよ。

・・・なんて、大人の勝手な思い込みによるルールはありません!

 

色々な年齢が共に生活するなかで、年齢関係なく過ごすことで、成長が速いと、保育現場の皆さん方から驚かれているくらいです。

 

また、そんな年上の子ども達のやる事を真似して、可笑しくても真似が出来た事にマルをつけてくれる先生達のおかげで、自分の存在価値を見いだせる環境で育つ子ども達は、表現豊かで沢山成長を見せてくれています。

 

*********************************************

当園は、大橋駅から歩いて1分のところにあります。
一時保育や延長保育も承っております。
なお、当園は福岡市認可外保育施設利用料の一部について補助を行う
「待機児童支援事業補助金」の適応事業所です。

福岡県福岡市南区大橋1丁目1-17
サンシャインひがし602
TEL:092-210-7615
http://info-allhappy.com/

*********************************************

2019年明けました【福岡】南区大橋 おーるはっぴー保育園

2019年01月04日

福岡市南区大橋駅前

一般社団法人 聡明叡智会 おーるはっぴー保育園
理事長の鎌田です。
 

あけましておめでとうございます!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

年末は忙しく、ブログアップが追い付きませんでした。

どこかで、灰になるかと思っておりました。

 

さて、さて、当園の今年の強化取り組みをお知らせします。

 

おーるはっぴー保育園では、

江上嘉子先生監修で「脳育」を取り入れた保育を実施中。

 

内容の一部をお知らせすると、ベビーマッサージやマット運動を取り入れ原始反射の統合をし、生活しやすい身体作りなどがあります。

 

考える力として、保育の方法も「問いかけること」を大切に子どもたち1人1人の声を受け入れ、大人が先回りをしない保育を強化。

子どもたちが言葉を発する機会を多く作り、想像や思考の成長を助けるために「どうしたらいい?」「教えてほしいな」などの言葉かけを増やし、子どもの『考える力』を育みます。

 

自分の気持ちを自分で理解できる子どもは、他人と自分との違いを受入れ、失敗から学ぶ力が強い子どもに育ちます。将来、自信の原点になるのも、幼少期に育んだことが基となるので、この心の芽を大切に育てています。

 もう一つ行っていることは『習慣作り』です。大人になった時の習慣の土台は幼児期にどう過ごしたかがポイントになります。習慣は毎日の積み重ね。日々、子どもたちが楽しさから学びを深める事が出来るように工夫を重ね、自然体の習慣作りを行っています。

 

認可園ではできない、おーるはっぴー保育園だからこそできる子どもたちの数年先の成長をどうぞお楽しみに!

 


*********************************************

当園は、大橋駅から歩いて1分のところにあります。
一時保育や延長保育も承っております。
なお、当園は福岡市認可外保育施設利用料の一部について補助を行う
「待機児童支援事業補助金」の適応事業所です。

福岡県福岡市南区大橋1丁目1-17
サンシャインひがし602
TEL:092-210-7615
http://info-allhappy.com/

*********************************************

芋ほり後のランチ【福岡】南区大橋 おーるはっぴー保育園

2018年12月01日

福岡市南区大橋駅前
一般社団法人 聡明叡智会 
おーるはっぴー保育園
理事長の鎌田です。

さてさて、芋ほりのお話の続きを。

当園の理事後藤のお母様のご協力で、大きな子どもたちは車に乗って芋掘りにお出かけをしています。

芋ほりの後は待ちに待ったお弁当。

それも自分たちで詰めたお弁当ですから、楽しみだったと思います。




みんなパクパク食べて嬉しそうでした。早く食べ終わった子は、お手玉遊びに挑戦‼️

自分たちで遊び方を工夫し楽しんでいました。

後は、近くの公園の遊具で遊び、

帰りは去年同様に車の中で爆睡でした。(笑)

尻もちをついたり、泥んこになりながらも芋掘り体験ができて、子どもたちはどんな夢を見ているのでしょうか?
去年同様、今年も秋の楽しみを体験して、とても楽しめたようです。

*********************************************

当園は、大橋駅から歩いて1分のところにあります。
一時保育や延長保育も承っております。
なお、当園は福岡市認可外保育施設利用料の一部について補助を行う
「待機児童支援事業補助金」の適応事業所です。

福岡県福岡市南区大橋1丁目1-17
サンシャインひがし602
TEL:092-210-7615
http://info-allhappy.com/

*********************************************

芋ほり【福岡】南区大橋 おーるはっぴー保育園

2018年11月29日

福岡市南区大橋駅前
一般社団法人 聡明叡智会 
おーるはっぴー保育園
理事長の鎌田です。

さてさて、芋ほりのお話の続きを。

当園の理事後藤のお母様のご協力で、大きな子どもたちは車に乗って芋掘りにお出かけをしています。

移動中の車の中は、歌を歌ったり賑やかだと園長が話してくれました。紅葉した銀杏の樹を眺め「黄色が綺麗」「あれは、緑色と黄色が混じってるね~」など気が付き「紅葉探し」もしているようです。

畑に着いて、いざ芋掘り開始です。


今年は、去年と違って、めちゃめちゃ大きくて、

中々掘れないサツマイモに悪戦苦闘していたようですね。

スコップや手で懸命に掘る姿が印象的です。



途中、ミミズやダンゴ虫を見つけて触る子、恐がる子も居ましたが、みんな黙々と掘って、沢山の芋を収穫しました。



公園で遊ぶ砂と違った感触、土のニオイ、土の中の虫を見つけて、気持ちはどうだったかな。

そして、身体の発達にどうつながっているだろうか?

そんな気持ちで、ブログをアップしています。

次は、お弁当タイムをアップします。

*********************************************

当園は、大橋駅から歩いて1分のところにあります。
一時保育や延長保育も承っております。
なお、当園は福岡市認可外保育施設利用料の一部について補助を行う
「待機児童支援事業補助金」の適応事業所です。

福岡県福岡市南区大橋1丁目1-17
サンシャインひがし602
TEL:092-210-7615
http://info-allhappy.com/

*********************************************

芋掘り準備【福岡】南区大橋 おーるはっぴー保育園

2018年11月27日

福岡市南区大橋駅前
一般社団法人 聡明叡智会 
おーるはっぴー保育園
理事長の鎌田です。

さてさて、今日は、芋ほりのお話を。

当園の理事後藤のお母様のご協力で、大きな子どもたちは車に乗って芋掘りにお出かけをしています。

前日に、お弁当は園長手作りが良いと子どもたちからリクエストがあったようで、リクエストに答え、当日に園長がお弁当の中身を準備し、子どもたちは自分でお弁当を詰めることをしています。

お家で自分でお弁当の中身を詰める機会があまりないのか、

どう入れたらよいか?

何を入れるのか、考えながら作っている姿が写真に残っています。

個々でお弁当の中身を詰めていて、

真剣な表情と満足げな顔、不満げな様子など、

子どもたちの性格も写っているのではないでしょうか?

次は、芋ほり風景のブログをアップします。

*********************************************

当園は、大橋駅から歩いて1分のところにあります。
一時保育や延長保育も承っております。
なお、当園は福岡市認可外保育施設利用料の一部について補助を行う
「待機児童支援事業補助金」の適応事業所です。

福岡県福岡市南区大橋1丁目1-17
サンシャインひがし602
TEL:092-210-7615
http://info-allhappy.com/

*********************************************

身体反射と成長【福岡】南区大橋 おーるはっぴー保育園

2018年11月25日

福岡市南区大橋駅前
一般社団法人 聡明叡智会 
おーるはっぴー保育園
理事長の鎌田です。

先日、江上嘉子さんに子どもたちの原始反射が統合(消失)しているかどうか運動遊びを通して確認しました。

江上嘉子さんは、保育現場をバリバリとご経験されていらっしゃるプロの保育士で、西日本に一人しかいない「脳科学おばあちゃん」久保田カヨ子氏のお弟子さんであり、現在、益城町にある認可保育園の評議員を務める方です。

この、原始反射は、赤ちゃんの意思とは関係なく、外からの刺激で体が動く反射の事で、正常な乳幼児が見せる反応の一つです。
人間として進化する前からある名残であったり、赤ちゃんの成長段階で必要なものであったりと種類は様々でが、生後数か月ほどで統合され次第に消えていくものだそうです。

しかし、反射の統合がなされていない場合、次のステップに進む事が困難になります。

普段の生活では、見落しがちな原始反射ですが、検診の際に見られるものは、ごくわずかになってしまいます。

江上メソッドを取入れている当園では、今回子どもたちの反射を先生方で再認識しています。

そして、当園の子どもたちの様子はというと、

残念なことに、1人1人反射の統合なされておらず、殆どの子どもたちに残っているという結果でした。

昔と違って、家庭での過ごし方や子どもたちと関わる大人たちとの過ごし方、便利という名のもとに多くの日常が変化している中で、子どもたちの成長過程における身体変化も遅れてしまうのでしょうか?

私は、この事に危機感を感じ、また未来を担う子どもたちへ、新しい取り組みを行う必要があると強く感じています。

おーるはっぴー保育園では、

今後、当園の園児たちの発育段階で、原始反射が統合されるよう江上嘉子さんの監修の元、運動をとりいれ、反射統合を促していく取り組みをおこなっていきます。

*********************************************

当園は、大橋駅から歩いて1分のところにあります。
一時保育や延長保育も承っております。
なお、当園は福岡市認可外保育施設利用料の一部について補助を行う
「待機児童支援事業補助金」の適応事業所です。

福岡県福岡市南区大橋1丁目1-17
サンシャインひがし602
TEL:092-210-7615
http://info-allhappy.com/

*********************************************

ハロウィンcooking【福岡】南区大橋 おーるはっぴー保育園

2018年11月19日

福岡市南区大橋駅前
一般社団法人 聡明叡智会 
おーるはっぴー保育園
理事長の鎌田です。

秋が深まってきました。

自宅にいる時間が過少になっているので、ブログアップの時間を捻出するのに四苦八苦しています。

先日はハロウィンcookingを行いました。

子どもたちは自分で作ったサンドウィッチを嬉しそうに、そして美味しそうに食べます。

今回も、いつものようにテーブルで食べるか、敷物の上で遠足ごっこをしながら食べるか聞いたところ、子どもたちが希望したのは敷物の上で食べること。

その為、職員は子どもたちの意見を尊重し、室内で敷物を広げ、その上で遠足ごっこをしたようです。

子どもクッキングの時の子どもたちは、いつも以上に個性が光り良い顔をします。

私も、好奇心いっぱいの姿が写真におさめられる事もあって、見ているだけで気持ちがほっこりとします。

子供用の包丁を持たせて、危機管理意識を高めながら、一緒に準備を行います。

危ない、危ないと料理をする機会を損なってしまうと、いくつになっても子どもたちは料理ができないまま。

また、包丁を持ってはいけないと覚え込み、異常に刃物を毛嫌いするお子さんが育つ事にも繋がります。

人は実際にやってみないと覚えない生き物です。

例え、料理の動画を刷り込むかのように見たとしても、プロの料理人のように出来るはずがありません。

だからこそ、忙しい保護者の皆さまとお子さんが一緒にお料理をする機会が少なくなりがちな時代変化に合わせて、当園では自らの力でこれからしっかりと生きる為の工夫を取入れて、一歩一歩始めます。

皆の作ったサンドウィッチ見せてと声をかけたところ、

誇らしげに見せる子たちの姿が印象的です。

忙しいと、ついついあれもダメ、これもダメと自分の思った通りの行動をしてくれる子どもが扱いやすいから良い子だと思いがちです。

ですが、それでは子どもの個性が死んでしまいます。

出来ることを少しずつ増やしていく事

そして自己肯定感を上げていく事

そして、自信を育てていく事、

私は、園で行っている小さな取組一つ一つが、子どもたち自身が自らの力で未来を創造していくために必要な事の一つだとも考えています。

*********************************************

当園は、大橋駅から歩いて1分のところにあります。
一時保育や延長保育も承っております。
なお、当園は福岡市認可外保育施設利用料の一部について補助を行う
「待機児童支援事業補助金」の適応事業所です。

福岡県福岡市南区大橋1丁目1-17
サンシャインひがし602
TEL:092-210-7615
http://info-allhappy.com/

*********************************************

秋の創作【福岡】南区大橋 おーるはっぴー保育園

2018年11月05日

福岡市南区大橋駅前
一般社団法人 聡明叡智会 
おーるはっぴー保育園
理事長の鎌田です。

先日は、大濠公園で江上嘉子さんの

子どもの感性を伸ばす、遊び方講座、

秋を感じながら保護者が子どもと関わるコツを教えていらっしゃるところに参加してきました。

大濠公園は、ちょっとだけ見方を変えると、探検基地経験ができるんだと言う場所も多くあります。

私も参加をして、松ぼっくりやドングリ広いをして楽しかったです。

さて、そんな松ぼっくりやどんぐりはどうなったかというと、保育園では江上先生監修の元、子どもたちが自由に遊びを想像できるように、当園の先生方にご指導をしてくださいました。

保育園では、想像力を働かせて、自分たちで感性を生かした遊びを考えられるように、木の実や枝、落ち葉等の秋のモノに触れ、毛糸や段ボール、空き箱を子どもたちの目の前にどさっと広げます。

空き箱にどんぐりを入れてマラカスにしたり、段ボールの穴に木の実を入れたり、滑り台にして木の実を転がしたりと、自由に使って遊ぶ楽しみを味わったようです。

大きいお友達の中には松ぼっくりに毛糸を巻きつけて飾りを作ったり、段ボールの穴で紐通しをしたりと自分なりに遊びを展開していたので先生方が驚かれたと教えてくださいました。

1人1人個性が生きていて、一緒に遊ぶ子、その子たちの行動をマネする子、1人で黙々と集中力高くあそぶ子などの姿が見られています。

大人の都合で、色々と型にはめて遊ばせがちな現代社会。

当園ではそのやり方はどんどん払拭していきます。

子ども達の未来にどのような影響をもたらせるか遊びの中から学べる機会をつくっているので、認可保育園の経験者が当園の保育に携わる事で、毎回「認可園では、そんなことできませんでした。本当にやってもいいんですね?とても楽しい!」と感じてくださっているようです。

そして、更に子どもたちの吸収力と成長の速さに、とっても驚くことも毎回セットになっています。(笑)

*********************************************

当園は、大橋駅から歩いて1分のところにあります。
一時保育や延長保育も承っております。
なお、当園は福岡市認可外保育施設利用料の一部について補助を行う
「待機児童支援事業補助金」の適応事業所です。

福岡県福岡市南区大橋1丁目1-17
サンシャインひがし602
TEL:092-210-7615
http://info-allhappy.com/

*********************************************

創造性を養う【福岡】南区大橋 おーるはっぴー保育園

2018年11月02日

福岡市南区大橋駅前
一般社団法人 聡明叡智会 
おーるはっぴー保育園
理事長の鎌田です。

先日、日曜日に大濠公園にある、どんぐり森で、保護者の方と一緒に子ども達に必要なあそび方を学ぶ講座が開催され、午前の部と午後の部とで、数十組のご家庭が参加され、当園の園長も補助として参加をしておりました。




この子どもの未来を創る関わり方を別の視点から行われている方は、江上嘉子さん。

私が代表理事を務めるおーるはっぴー保育園にも、この江上嘉子さんのメソッドを今年の夏から取入れています。

江上嘉子さんは、保育現場をバリバリとご経験されていらっしゃるプロの保育士で、西日本に一人しかいない「脳科学おばあちゃん」久保田カヨ子氏のお弟子さんであり、現在、益城町にある認可保育園の評議員を務める方です。

江上嘉子さんは、多くの保育士を育ててきた現場たたき上げの保育士であり、子育てに悩んだ母親として、仕事をしながら自分のお子さん向き合い、苦労や悲しい想いさえも、持ち前のバイタリティと一緒に建設的に向き合い、全てを未来の子ども達にかかわる大人に向けて、子育てに活かしたいという志をお持ちの方なんですねぇ。

江上嘉子さんがまたがっている写真のほうき、凄いでしょう?

この作品もお子さんの作品です。

どんな風にしたら魔女の宅急便のほうきみたいになるのか、想像を働かせて、自分で拾ってきた松の葉を上手に取入れ、実際にほうきとして使える様に仕上げたようです。


2人でいつも話をすることは、
今の保育現場のやり方は時代に合っていないこと。
大人がやり易い現場運営の方法を取入れる事による、安全と管理という名のもとに子どもへの弊害がでているという点では認識は一致しています。
 
秋の醍醐味、落ち葉や木の実に命のあり方
四季折々を感じながら、遊びのなかから、人間の本能を研ぎ澄し、防衛本能を体得させていくことなど、

多くの学ぶ機会を経験し損ねているからこそ、幼少期から関わりあえることができる保育現場に何をどう変化をもたらすことが良いのか、型にはまった保育士の育成の仕方を通じて、江上嘉子さんと顔を合わせるたびにその話で盛り上がります。

あいにく、保育園は日曜日だったこともあり、どんぐりや松ぼっくり枯葉を拾うような事はできませんでしたが、代わりに私が松ぼっくりやドングリを拾ったので、月曜日に園の中で、遊びから学べる何かを、江上嘉子さんの監修の元、創造性を高められる取組を行っています。

それは次のブログでアップしますね。

*********************************************

当園は、大橋駅から歩いて1分のところにあります。
一時保育や延長保育も承っております。
なお、当園は福岡市認可外保育施設利用料の一部について補助を行う
「待機児童支援事業補助金」の適応事業所です。

福岡県福岡市南区大橋1丁目1-17
サンシャインひがし602
TEL:092-210-7615
http://info-allhappy.com/

*********************************************

アクセス

一般社団法人聡明叡智会
おーるはっぴー保育園

〒815-0033 福岡県福岡市南区大橋1丁目1-17
サンシャインひがし602
TEL:092-210-7615